データ 復旧の方法については、インターネットのニュースサイトやポータル情報サイト、等多くの情報提供のサイトで紹介がされています。データ復旧の方法は、パソコンのハードやソフトについて、充分な知識と経験が必要な内容も多くなっています。普通の電子メールの送受信やネットサーフィン、そしてチョットしたアプリケーションソフトを使用している程度の人では理解できないような内容もあります。

もし、パソコンのハードディスクドライブや、パソコンの機材が物理的に壊れてしまった場合はどうされますか?インターネットで他の類似例を探して自分で修復ができる等、知識と経験が豊富な人もいます。しかし、自分で修復が出来るのは一部人に限られます。チョットパソコンに詳しい人であれば、類似例を参考にして修復できる場合もあります。しかし、修理方法を失敗してしまったら、データ 復旧の方法が無くなってしまう等の危険性もあります。自分で復旧をするのは非常に危険があります。専門技術者が揃っている復旧専門の会社に依頼するのが一番適切だと思われます。

ハードディスクの破損が大きくても、内部のデータ部分に損傷がなければ、復旧専門会社では、保存データを復元することが出来るそうです。只、ハードウエアの構造が複雑な場合や、重度の損傷の場合は料金が高額になる場合もあります。喪失する可能性のある保存データの価値と、ハードウェアの修理費のバランスで判断することになります。

修理を依頼する時に、修理費が高額になるようであれば、連絡を貰えるようにしておきましょう。喪失しても大丈夫なデータであれば、修理をしないで新規に購入した方が安い場合が多いですね。

データ 復旧の方法を豊富に持っている復旧専門の会社では、復旧率90%以上を目標にしているところもあります。絶対に保存データの復旧を望む時はそのような会社が安心できそうです。

続きはこちら

HDDの復活は重要

HDDが復活しないと大変なことになります。最近は、仕事の情報はほとんどHDDに保存していますね。昔は、書類に残していたような情報でも、最近は電子情報にしてパソコンの中に保存してしまいます。

特別に大事な情報は、もしものことを考えてCDやDVD等に保存していますが、頻繁に情報交換するメール情報等は、パソコンの中だけになります。普段やりとりする情報は、パソコンの中だけにある場合がほとんどですね。そのような状況の中でHDDが故障すると仕事が中断するばかりでなく、電子メールでやりとりしていた直近の情報までがOUTになってしまいます。相手先への信用問題にも発展するので心配です。

HDDが復活できるか否かは、仕事の進み具合に大きく影響しますね。パソコンが上手く起動しない時の画面情報を、修理を依頼する会社に伝えましょう。まず、画面を確認してください画面に表示された内容を伝えることで、不具合の原因が分かる場合があります。

①「BOOT DISK フィラー」と表示された黒い画面から先に進まない場合。
②「ご迷惑をおかけしております。Windowsが正しく起動できませんでした。」と表示されたまま先に進まない場合。
③パソコンを起動したら「このプログラムを終了できません」と表示されて動かなくなった場合。
④「HARD DISK ERROR」と表示されて動かない場合。
⑤Windowsが起動する前の画面で、「HARD DISK NONE」と表示されて先に進まない場合。

このような場合は、パソコンに詳しい人以外は自分で修理しないでください。修理専門の会社に頼みましょう。その時、不具合時の画面表示を、修理会社に説明するとHDDの復活が早くなる可能性があります。

外付けハードディスクを接続している場合において、画面に表示されるアイコンをクリックしても、「○○にアクセスできません」から動かない場合。また「このフォルダは、移動または削除されました」と表示されて、データを見ることができない場合。早くHDDを復活させる為には、不具合時の画面の状況を修理の時に伝えましょう。

関連記事

データ 復旧の方法については、インターネットのニュースサイトやポータル情報サイト、等多くの情報提供のサイトで紹介がされています。データ復旧の方法は、パソコンのハードやソフトについて、充分な知識と経験が...